電動スケートボード

アニメのスケボーが現実に!?電動スケートボードの実力を検証!

電動スケートボード徹底検証

アニメ『名探偵コナン』で主人公のコナン君が乗り回しているスケボーようなターボエンジン搭載とまではいきませんが、電動でスイスイと動く近未来のスケートボードが現実世界に登場!

2019年現在、国内でも数種類程度のマシンが販売されているのですが、これまでの電動スケートボードの代表格ともいえる『Kintone Z1』を大幅に進化させたニューマシン『キントーン Kintone EZ スケートボード』が登場!
こちらのマシンを中心に、電動スケボーの操作方法やマシン性能をご紹介していきます!

電動スケートボードはリモコン不要の時代に突入!

既に日本国内でも数種類の電動スケートボードが販売されているのですが、それら全ては基本的に「リモコン操作」となっており、リモコン片手に操作するものだったのですが、『キントーン Kintone EZ スケートボード』は体重移動で操作するジャイロセンサーを搭載した電動スケートボードになっています!
電動スケートボードはリモコン無しの時代へ

最新型電動スケートボードの操作方法は?

従来の電動スケートボードではリモコンでの操作によって加速・減速を行っていたので、足元で進行方向を変えながら手元で加速・減速をしないとダメだったので、常に手元にも意識が向いていないといけなかったのですが、『キントーン Kintone EZ スケートボード』に代表される最新型の電動スケートボードでは、リモコン不要で足元の体重移動によって加速・減速ができるようになったので、手元に意識を向ける必要が無くなりました。

リモコン不要となった事により完全なハンズフリーとなったので、通常のスケボー同様に「グラブ」等のトリックも可能になり、スケボーの持つ醍醐味を最大限に生かす事が実現されました。
そして何より、足元だけに意識を集中できるので、操作が大幅に快適になりました。

最新型電動スケートボード『キントーン Kintone EZ スケートボード』のPVをご紹介


PVではハンズフリーならではのクールなトリックを連発しつつ、電動ならではの「蹴らなくても進む」部分をアピールされてます!

キントーン公式サイトはコチラ

キントーン Kintone EZ スケートボードのスペック

キントーンEZスケートボード
サイズ 縦700mm × 横220mm × 高さ115mm
タイヤ(ウィール)外径 約70mm
重量 3.9kg
走行距離 1回の充電で最大8km
充電時間 2時間
最高速度 15km/h
最小負荷荷重 10kg
最大負荷荷重 90kg
バッテリー リチウムイオン電池
踏み台と地面の距離 115mm
付属品 ・本体×1
・充電器×1
・日本語説明書×1
・化粧箱×1
保証期間 6カ月
価格 38,900円(税込・送料込)

-電動スケートボード

© 2021 未来の乗り物情報局